【Arena Travelers】ローソンプレリク先行受付スタート

2019年11月27日

◾️LEncore会員先行 ※抽選・LEncore会員限定
受付期間:2019年11月23日(土)15:00~12月2日(月)23:59

受付URL:https://l-tike.com/higedan/

◾️ローソンプレリク先行 ※抽選
受付期間:2019年11月27日(水)15:00~12月8日(日)23:59

受付URL:https://l-tike.com/higedan/

【注意事項】
※先着順ではございません。受付期間内に必ずお申し込みください。
※注意事項等詳細は、受付サイトをご確認下さい。
※3歳以上有料。2歳以下膝上鑑賞無料、お席が必要な場合は有料。
※開場/開演時間は変更になる可能性があります。

【海外にお住まいの方へ】
海外からのお申し込み受付URLはこちら
https://l-tike.com/st1/higedan-arena/

【For overseas customers】
Book your tickets from URL
https://l-tike.com/st1/higedan-arena/

【今回の受付に関しての注意事項】
・今回の受付は抽選による受付となります。
・受付終了後抽選にて当選・落選を決定いたします。
・当選された方は決済手続きをしていただきチケットの購入となります。
(決済方法にクレジット決済・キャリア決済を選択された場合、当選と同時に決済処理をさせていただきます)
・チケットの引取方法はローソンチケットの電子チケット(https://l-tike.com/e-tike/navi/guide/download.htmlよりアプリのダウンロードをしてください)での受取となり、スマートフォンからのみのご利用となりますのでご注意ください。
・購入者のチケットは、お申込み時にご登録いただいた電話番号に配信されます。 お申込み後、氏名、電話番号等情報を変更することはできませんので予めご了承ください。
・スマートフォンを機種変更し電話番号が変更された場合、電子チケットの受取ができなくなります。

【公演当日ご入場時の注意事項】
(転売防止対策・身分証確認について)
・本ツアーでは、チケット転売防止対策のため、ご入場時にご購入者の本人確認を実施させていただきます。必ず身分証(本人確認書類)をお持ちください。
・本人確認は、チケットに表示される氏名と、ご来場されるお客様が同一人物であることを確認いたします。
・2枚ご購入の場合、一緒に行かれる方へ事前に分配が可能です。購入者よりチケットを受取るにはローソンチケットの電子チケットアプリのダウンロードが必要です。
尚、チケットを分配された場合は同行者も身分確認をさせていただきますので、分配する際に必ず行かれる方の名前を登録いただき身分書をお持ちください。
・同行者がスマートフォンをお持ちでない場合は、チケットを分配せずにご来場ください。購入者の身分確認をさせていただいた上で必ず購入者(代表者)と一緒に入場いただきます。分配されて身分確認が取れない場合は入場をお断りさせていただく場合もありますのでご注意ください。
・不正売買が発覚した場合、ご入場をお断りする場合がございます。その場合、チケットの払い戻し・交通費等の負担は致しかねません。

【有効な本人確認書類】
顔写真付きのものであれば、1点をご持参ください。下記の本人確認書類がその対象となります。
(1)パスポート
(2)運転免許証(公安委員会・警察庁発行の物に限ります。)
(3)写真付き学生証(名前が手書きでも可)
(4)住民基本台帳カード
(5)身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
(6)在留カードまたは特別永住者証明書
(7)顔写真付きクレジットカード
(8)個人番号カード(マイナンバーカード)
※個人番号カード(マイナンバーカード)を身分証明書として利用される際は、表面(写真のある方)のみをご提示ください。裏面(個人番号が印字された面)を提示されないようご注意ください。
なお、本人確認の際に、当社が個人番号カード(マイナンバーカード)の裏面を見ることはありません。
※個人番号(マイナンバー)の通知カード(個人番号が印字された写真のない紙のカード)は身分証明書として使用できません。

・上記(1)~(8)をお持ちでない場合は、下記(a)~(f)の2点,もしくは(a)~(f)の1点と名前が印字されているもの1点以上で確認をとらせて頂きます。(名前の手書き不可。)
(a)保険証
(b)住民票
(c)戸籍謄本
(d)戸籍抄本
(e)印鑑登録証明書
(f)年金手帳

■名前が印字されているものの例
社員証・顔写真の無い学生証・クレジットカード・キャッシュカード・診察券
※コピー・手書き・期限切れは不可となります。
※公共料金(電気、水道など)請求書や各種郵便物の類は、名前が印字されたものであっても不可となります。
※<名前が印字されている物>のみは不可となります。
(たとえば、社員証1点のみ、診察券2枚は不可)公的証明書1点がベースにないといけません。
※公的証明書はいずれも、公的に発行された状態のままお持ちください。
また住民票、戸籍謄本、戸籍抄本については発行後半年以内のものとします。(コピー不可)
※保険証の貸し借りは法律で禁止されております。また、本人確認書類の細工・偽造、偽造した本人確認書類の使用は全て犯罪行為です。